スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」(産経新聞)

 【鳩山ぶら下がり】

 鳩山由紀夫首相は26日夕、沖縄県の仲井真弘多知事が25日の県民集会で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先として県外を明示的に求めなかったことについて「そのことが米国との間でどうのこうのということにはならん。われわれの立場は一貫していると」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

  [フォト]「内外の激怒」政権包囲 沖縄県民大会に9万人

 【検察審査会】

 --首相の資金管理団体をめぐる事件に関して検察審査会は首相に不起訴相当の議決を下した。事実上捜査が終結することになるが、自身の偽装献金問題はこれで終わった、みそぎが済んだと考えるか。また議決書には、首相の一方的な言い分にすぎない上申書の内容に疑問を投げかける声が少なからずあったという異例の指摘が合わせて付けられたが、受け止めは

「はい。まず検察審査会のことに関して、政府の立場から、また一当事者でありますから、当事者の立場から何も申し上げるべきではない。そのように思っております。今、異例の言及というお話がありましたが、すべて厳粛に受け止めさせていただきたいと、そのように思います」

 【普天間移設問題】

 --米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して、首相は以前に同県名護市の辺野古の海が埋め立てられるのは自然への冒涜(ぼうとく)と、現行案での決着に否定的な考えを示した。政府が現行案に近い修正案として浅瀬にくいを打ち、移設する浅瀬案を米国側に打診しているという報道もある。浅瀬案、もしくは辺野古周辺に移す案すべてを否定することか

「あの、申し訳ありませんけれども、今、政府案を真剣に検討している段階でありますから、そのような段階で一つ、一つのことに対してイエスだとか、ノーだとかいうことをコメントはいたしません。そこはご容赦ください」

 --辺野古の海上に基地を作ること自体に反対はされないのか

「したがって、政府案一つ、一つに対して、私は一切、まだ決めていない段階で、最終的にですね、決めていない段階でコメントをしないことをご容赦いただきたいと」

【内閣支持率】

 --各社世論調査で内閣支持率が2割程度に大幅に落ち込み、普天間問題が解決できない場合は退陣するべきという声も過半数を占めている。支持率の急激な低下についてはどのように考えるか

「はい。この件に関して、私としては、内政問題、あるいは外交問題、一つ、一つ精いっぱい、努力をして、国民のみなさんに新しい政権が国民のみなさんのご期待に応えるように精いっぱい努力をすると。それしかないと思っています。今、大変厳しい状況であることは、認識をしておりますし、国民のみなさんがある意味でのいらだっておられる、その思いもしっかりと受け止めながら、国民のみなさんのお暮らしが新政権になって変わったなと、良くなってきているなと。経済も良くなってきているなと。外交問題もこれで大丈夫だなと、そう言っていただけるようにね、そういう環境を必ず作っていくと。そのために全力を挙げる。それしかありません」

【普天間移設問題】

 --きのうの沖縄での県民集会で、仲井真弘多沖縄県知事は負担軽減と危険除去という言葉を使って、県外という言葉を使わなかった。この言葉の変化を首相はどう受け止めているか。また、首相もきょうのぶら下がりで知事と同じ表現を使ったが、こういった形で県外という言葉があまり出なくなっていることに対しては、今、米国側でさまざまな現行案を求めるような観測報道も増えている。今後の対米交渉にとって、今後米国側からの現行案を求める圧力を強める結果になるという懸念はないか

「私は、今、政府案を真剣に検討している。先ほどから申し上げています。政府案を真剣に検討している、そのわれわれの考え方のベースがまさに沖縄の負担のさらなる軽減と、それから特に普天間の危険性の除去と、この2点を何としても実現をしなければならんと。その点に当然ながら集中をして、今、解決策を講じようとしているところでございます。政府案というものを作ろうとしている段階であります。したがいまして、この仲井真知事がどのようにお話しされたか。知事は知事としてのお立場というものがおありになると思いますが、われわれとしては政府の立場を真剣に今、政府案を最終的に決定しようとしているところでありますから、そのことがアメリカとの間でどうのこうのということにはならんと。われわれの立場は一貫していると。そのようにご理解願いたい」

【検察審査会】

 --検察審査会の不起訴相当という判断は首相として妥当と思われるか

「検察審査会に対して、政府の立場から、ましてや当事者の立場から、これは申し上げてはならないと思っておりますから、恐縮でありますけれども、コメントができません。一つ一つは当然、厳粛に受け止めると、そのように申し上げているところであります」

【関連記事】
内閣支持率、さらに下落22.2% 産経・FNN合同世論調査
志位氏「沖縄県民大会を軽く見るな。県内移設は不可能になったのだ」
【鳩山政権考】鳩山降ろしが起きぬワケ
「支持率低下にもめげず…」平野官房長官
普天間移設で攻防 米、機密漏洩に厳重抗議 日本、首脳会談記録せず
「裸の王様」次に座るのは…

官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判(産経新聞)
「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
G20、出口政策が論点に=加藤元財務官に聞く(時事通信)
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット(産経新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)

男児ポルノ、元被害者の少年4人が撮影加担(読売新聞)

 小中高生の男児ポルノ専門サイトが摘発された事件で、サイト主宰者のデザイナー小林葉介被告(29)(川崎市中原区中丸子)にわいせつ映像を撮影された元被害者の少年4人が男児ポルノ製造に加担していた疑いが強まり、埼玉県警は大学生ら3人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕したほか、高校生(18)を近く書類送検する。

 県警は、少年らが被害者から加害者側に転じた経緯などを調べている。

 発表などによると、15日に同法違反(児童買春、単純製造)容疑で逮捕されたのは東京都内の日大生(19)と千葉市の会社員(19)。ともに2008年8月、川崎市のホテルで、青森市の当時高校1年の男子生徒(15)に10万円を渡し、3日間にわたり、わいせつな行為を撮影した疑い。県警は今月上旬、別の日大生(19)を同法違反容疑で逮捕している。

 4人は数年前に「少年モデル」として小林被告と知り合い、親しくなったといい、ビデオ撮影のほか、買春行為にも関与していたとみられる。調べに対し、小林被告は「少年らから『金が欲しい』と頼まれ、一緒にやった」などと供述しているという。小林被告は、中学生向け情報交換サイトなどに「中学生ビデオモデル募集」「男の子が好きな男子。体験談を書いて」などと書き込み、男児を募っていた。県警によると、小林被告らが製造した児童ポルノの購入者は3年間に国内だけで1528人、計3万点余に上るが、いずれも「単純所持」のため処罰されないという。

<あま市長選>旧甚目寺町長の村上氏が無投票で初当選 愛知(毎日新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)
救急車のAED作動せず=心肺停止の男性死亡-大阪市(時事通信)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)

脳損傷リハ「患者中心のゴール設定を」(医療介護CBニュース)

 国際治療教育研究所は4月17、18の両日、「高次脳機能障害 脳損傷リハビリテーション・セミナー」を東京都内で開催した。セミナーには言語聴覚士や作業療法士など約240人が参加。講演した英グラスゴー大応用神経心理学のジョン・エヴァンス教授は、患者の問題を把握するために「フォーミュレーション」を作成して患者と共有し、患者中心のゴール設定を行うといったリハビリでのさまざまなアプローチを紹介した。

 同セミナーは、国内外の専門家の講演を通して、脳損傷に関する基礎知識とリハビリのノウハウの共有を目指す取り組みの一環。
 1日目は、川崎医療福祉大医療技術学部感覚矯正学科の種村純教授が「認知リハビリテーション 最近の動向」と題して、エヴァンス教授が「神経心理リハビリテーションの原理と実践」「記憶のリハビリテーション」「遂行機能のリハビリテーション」について講演した。2日目は、大東祥考・京大名誉教授が「外傷性脳損傷における情動・社会行動障害」について解説し、エヴァンス教授が「情動情緒障害のリハビリテーション」「洞察とアウェアネスの障害のリハビリテーション」「外傷性脳損傷者に対する職業リハビリテーションと職業復帰」をテーマに講演。
 両日とも会場を交えた質疑応答も行われた。

 エヴァンス教授は、自身が指導する神経心理学的リハビリテーションについて、患者の感情や身体の問題、認知障害などの因子の相互作用を記述、表現する「フォーミュレーション」を患者と共有し、患者中心のゴール設定を行う手法を紹介。ゴール設定については、患者の動機付けなどを探りながら、患者にとって意味あるものにする重要性を指摘した。また、設定に当たって患者とディスカッションをするためには、患者自身が自分の行動や考え方をどう変えたいのかのアイデアを出せるような働き掛けが必要との考えを示した。

 セミナーを終えるに当たり、種村教授は「今回のセミナーが契機になって、わが国の高次脳機能障害者に対するリハビリテーションが変わっていくと思う。(エヴァンス教授が紹介した)アイデアをぜひ取り入れていただきたい」と述べた。
 またエヴァンス教授は、「実際に患者と一緒に取り組みをしていく中で、まずinterdisciplinary team(集学的チーム)での取り組みを取り入れていただきたい」と述べ、多職種が連携して取り組む必要性を強調した。

 同セミナーは、24、25の両日に大阪でも開かれる予定で、約300人の来場が見込まれている。


【関連記事】
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ
介護福祉士に医療の専門知識を―日慢協が新規講座
【中医協】脳血管疾患リハ料、廃用症候群の加算を新設へ
注目される認知症短期集中リハ、意欲などの改善も
高次脳機能障害に向き合う医師

<虐待>宇都宮市が老人保健施設から事情聴取 処分決定へ(毎日新聞)
<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
マカフィー、アドビのDRMと連携したDLPソフトウェアの最新版を発売
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)

広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)

 広島市安芸区で平成17年、小学1年の木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審の初公判が8日、広島高裁(竹田隆裁判長)で始まった。

 これまでの公判では、死刑を求める検察側に対し、弁護側は殺意やわいせつ目的を否認して殺人と強制わいせつ致死罪について無罪を主張しており、量刑判断が注目される。

 1審広島地裁は、検察側の死刑求刑に対し、被害者が1人であることなどを理由に無期懲役を選択。2審広島高裁は「1審の審理は不十分で違法」として地裁に審理を差し戻した。これに対し弁護側は上告。最高裁では1審の訴訟手続きの適法性が争われたが、昨年10月、1審を適法と判断。2審判決を破棄し、高裁に審理を差し戻していた。

 1審判決によると、ヤギ被告は17年11月、あいりちゃんにわいせつな行為をしたうえ、首を絞めて殺害。遺体を自宅近くの空き地に放置した。

10キロ以上渋滞、過去5年で最多=GWの高速-道路各社予測(時事通信)
<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)
道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
監視や議論で「よりよい制度に」―産科補償制度でシンポ(医療介護CBニュース)
瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)

鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)

 任期満了に伴う鳥取市長選が4日告示され、自民、公明推薦の無所属現職と、民主、社民推薦で共産支持の無所属新人が立候補を届け出た。投開票は11日。

 ◇鳥取市長選届け出順

 竹内  功 58 市長    無現〔2〕【自】【公】

 砂場 隆浩 46 元朝日記者 無新   【民】【共】【社】

【関連記事】
“新”栃木市が誕生 1市3町「平成の大合併」終幕 栃木
投票所入場券の記載ミス3万件、有権者に送付遅れ 熊本・宇土市長選
下妻市長選、28日投開票 新人3氏、財政再建など争点 茨城
埼玉・戸田市長に現職の神保氏当選 21日の市長選
市長名で当選礼状「公選法に抵触するか知らず」 和歌山・橋本
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<突き落とし>男性重傷 容疑の60歳逮捕 東京・大手町駅(毎日新聞)
シー・シェパード元船長、傷害罪でも起訴へ(読売新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)
関東に強風、欠航相次ぐ=気象庁が警戒呼び掛け(時事通信)
年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に-総務省(時事通信)
プロフィール

こさかたけひこさん

Author:こさかたけひこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。